面接について

面接では、なんでその仕事に申し込んだのか必ずといっていいほど聞かれるので、
覚えておくとよいでしょう。
元から話すのがうまい人は淡々と答えることもできるのですが、
多くの人にとってそうは行かないと思います。

何の準備もしないでしゃべってしまうと面接官の方にわかってしまいますし、
たとえ喋りがうまくてもあまりおすすめはできません。

ですのである程度は、面接の練習をしておくとよいでしょう。
ですが、面接の練習をするといっても、あまり完璧な返答を用意するのもよいというわけではありません。
というのも、実際の面接でその答えを言おうとしても、
緊張してしまって、部分的にしかしゃべることができないというのが多いからです。
ですから、機械的な返答を用意するのではなくて、
柔軟に答えられるように訓練しておいたほうがよいといえるでしょう。

また、グループ面接の注意点としては、
他の方よりも目立つ発言をしようと思って失敗してしまうということがよくあります。
人より目立つ発言をするのはいいことなのですが、
それを意識するあまり理想的な答えをできなかったりすることが多くあります。
何回もグループ面接をしていると、わかってくるのですが、
あまり他の方の意見に左右されなくなるようになります。
他の方は他の方を意識した中、自分だけ自由なことをいえるようになりますので、
逆に注目されるようになります。

そうなるためには、練習をしたり、実践経験をつまなければなりません。